ネットビジネスの一つとして動画投稿などから利益を引き出そうとするというやり方があるのですが多くの場合はYouTubeを活用することになるでしょう。ダイレクトに広告をつけてもらえる動画投稿サイトというのがほとんどの場合こちらに集中していると言えるからです。
インスタグラムとかTwitterなどにも動画というのは投稿することは可能なのですが、直接的に動画の投稿による広告収入というのができないので投稿はできるにしても別にそこからダイレクトな利益を引き出すことができないというような部分があります。
しかし、これは複数のネットビジネスなどを組み合わせることなどを検討するのであれば実は良い動画投稿先になったりすることも多いです。
何故かといいますと例えばアフィリエイトブログなどを作っている上でそこで商品を紹介することを動画などでやれるようになりますと効果が増すということになります。
動画投稿のみでの収入を得ようとするのであればやはりどうしてもYouTubeなどの大手の動画投稿サイトであり、またきちんと報告をつけてくれる所にしなければならないわけですが、副次的に収入を得るような形にしたいと言うのであれば別にTwitterでもインスタグラムでも良いということになります。
動画投稿での問題となるのは、そもそもどんな動画を投稿するべきであるのかということです。まず、著作権的に問題があるのはよくないです。これは言うまでもないことでしょうが素材として著作権がついているようなものを使うというようなこともあったりするのですがこちらも避けた方が良いでしょう。
お勧めできたりするのはそんなに稼げるわけではないのですが例えば著作権が切れている創作物小説や動画などに関しての紹介とか著作権フリーの創作物などの紹介や多少の改変を行った上での再構築をした動画などにすると一定数のファンがついたりするので、狙ってみる価値はあるでしょう。
後は、動画投稿をしているとスキルとして動画編集のスキルが身についたりすることがあります。つまりは、他にもネットビジネスとしてあるクラウドソーシングなどで動画編集の仕事を請ける、というようなことにも繋がったりすることがあります。
様々なネットビジネスにおいて動画のスキルというのは役に立ったりする事がありますから、そちら面で役に立つかもしれないので動画を作り、投稿するネットビジネスは他の事に繋がる事もあります。