ネットを使い、副業に関する情報を検索するとせどりという言葉を目にする事が少なくありません。せどりというのは元々、古本屋で仕入れた本を仕入れ値よりも高い値段で売って利益を得る事を示す言葉として用いられていました。ですが徐々にレコードやCD、ゲームソフトに家電といった形で本以外でも同様の行為をする人が増えたのです。そのため現在では、お店で仕入れた商品を仕入れ値よりも高く売る行為全般にせどりという言葉が用いられています。
そんなせどりですが、本業としてだけでなく副業としても稼ぐ事が可能です。ただしせどりで利益を得るには、如何にして仕入れ値よりも高く売れる商品を見付け出すかが重要となります。だからこそ上手く稼げるかどうかは、仕入れのやり方に掛かっているといっても過言ではないです。
せどりのために仕入れを行う具体的な方法は、2種類存在しています。1つ目は実際の店舗を自分の足で訪れる事で仕入れを行うという、店舗せどりです。店舗せどりは実物の商品を直に確認した上で、仕入れるべきか否かを判断出来る点が大きなメリットと言えます。ですがその一方で、仕入れ先が限定される上に手間が掛かってしまうのが厄介です。特に会社員が副業として行う場合には、平日は仕入れを行う暇がなかったりします。なので、肝心の商品をなかなか仕入れられないといった状況に陥るケースが多いです。
仕入れのもう1つの方法は、電脳せどりと呼ばれるやり方となっています。具体的な方法は実店舗ではなく、ネットショップを利用して仕入れを行う事です。こちらはネットを使うので仕入れの手間が掛からない上に、基本的にショップは24時間何時でも利用出来ます。お陰で会社員でも平日の帰宅後や、会社の休憩時間といった空いた時間に仕入れを行う事が可能です。しかも全国各地のショップを利用出来るので、店舗せどりよりも仕入れのチャンスは多いと言えます。だからこそせどりで稼ぐには、電脳せどりで仕入れを行うべきです。
ただし電脳せどりの注意点としては、ネット通販という形なので仕入れの際には送料が掛かる事が多い事だったりします。なので送料を込みにした上で、仕入れ値を考える事が大事です。
更に商品の仕入れを決断する際には、自分の感覚だけに頼らない事も重要なポイントだったりします。この商品なら高く売れそう、という思い込みだけで仕入れを行うと、実際は利益が得られないケースが少なくないです。必ず数字を確認した上で、仕入れを決断する事が大切だったりします。具体的にはお店での買取価格だったり、フリマアプリやオークションでの落札価格です。せどりを成功させるには、数字を確認して必ず仕入れ値よりも高く売れる、と確信が持てる商品だけを仕入れる必要があります。